思いやりの行動がうれしいなあ

理科室で筆箱を落としてしまった子が。

ところが、さっと隣のお友達が一緒に拾ってくれました。

「ありがとう。たすかった!」

「大丈夫だよ。」

ほんの短い時間でしたが、すてきなシーンに出会いました。

優しい心遣いが、友達の関係づくりにつながります。

そして、お互いのことを大切にする学級に成長していきます。

授業改善のよき機会に 

15日、例年実施の指導課訪問がありました。

南部教育事務所や市教委の皆さんが来校。

 

「芝小の子は親切ですね。教室を教えてくれました。」

「芝小の子は、人なつっこい子どもたちですね。

それだけ人を信頼している証拠です。」など

学びの姿以外にも

子どもたちのよさをたくさんほめてくださいました。

 

また、「先生方の学び合いの雰囲気がいいですね。

まさしく、チーム芝小ですね。」と。

授業のよさと共にさらなるバージョンアップに向けて

分科会で協議を行いました。

 

その先にあるのは、

学ぶ楽しさを味わう子どもたちの姿であることを信じて。

 

 

 

図書委員会のすてきなアイディア!

「推薦いただく本を取りに来ました!」

と図書委員会の子どもたち。

 

素敵な本にたくさんであってほしい!

との思いから図書委員会の皆さんが先生方に

おすすめの一冊を推薦いただこうとお願いしています。

さて、どんな本が集まるでしょうか。

 

持久走大会ポスター完成!~うわや沼に掲示します~

一歩一歩、ゴールに向かってひた走る足音が聞こえてきそう。

一歩一歩が輝いています。

 

苦しさを乗り越え、走り切った後の達成感が伝わってくる一枚です。

本番までもう少しとなりました。

体調管理とともにご家庭でも励ましの声かけをお願いします。

1年生は、はじめての持久走大会。

そして

6年生は、最後の持久走大会となりました。

うわや沼ご利用の皆様には、持久走大会でご面倒をおかけいたしますが

ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

理科の研究授業を行いました

今日の理科は、「鉄は熱くなるとどうなるか」について実験しました。

クラスの半分が前時の学習の活かして、「膨らむ」と予想。

中には、昨年社会科見学でみた、鋳物工場の「ゆ」を根拠に予想した子も。

他には、「変わらない」。(さすがに、空気や水とは違う。という予想)

さて、いよいよ実験です。

みんなで、前に集まり注意事項の確認です。

 

実験器具を班の代表が取りに行きます。

人とぶつからないように、一方通行で歩きます。(安全面での配慮)

子どもたちもよく身についてきました。

 

「わー!通らない!」

「鉄が膨らんだ!」

「熱すると鉄は膨らむんだ」

「すごい熱そう。」

様々な反応が聞かれました。

理科を学ぶ楽しさを味わっています。

 

「やけどしないように、ビーカーの中で冷やしましょう。」

と、伊藤先生。

「ジュー」

「すごい!こんなに熱くなっているんだ。」

「鉄球の周りがすごいよ。」

「ビーカーの水が温まったのがわかるよ。」

ここでも、発見がたくさんあります。

「冷やすと鉄球が輪を通ったよ。」

「鉄球が小さくなったよ。」

と子どもたち。

ナップサックづくり 頑張っています

6年生の家庭科は、ナップサックづくり。

昨年のエプロンづくりをいかしながら作成しています。

一人一人が集中していて真剣です。

友達同士で教え合いもしています。

今日は、学校応援団の皆さんが応援に来てくださいました。

「助かりました。」

と子どもたち。

サポートしていただき、ありがとうございます。